30代で注文住宅

注文住宅、誰もが夢を抱くものである。30代で注文住宅。右も左もわからない状態でした。
自分自身これといった要望がなく、妻にほとんどといって任せていた。
どんな、家にしたいとかは、私は全くといっていいほどなかった。

 

家に入ってすぐの階段は嫌であったので、そこだけはこだわった。
後は玄関のドアについても、木目調の物を選んだ。注文住宅を建てるについて、様々な住宅メーカーがあるので、焦らず探して欲しい。練馬区の新築住宅展示場にいき、それぞれの会社のいいところ、悪い所を抑えること。金額はどこも高いのでそれも注意すること。

 

ネットでも色々と調べればすぐわかる時代になっているので、人生に一度の注文住宅、楽しんで欲しい。私は、休みの日は打ち合わせで、終わるということばかりで正直疲れましたが、根気がいることなので、頑張ってもらいたい。住んでみて悪い所はやはりでてくるものだ。何年保障とかたくさんあるので、どんどん会社あてに連絡をして、悪くなったらみてもらったりして下さい。